香典袋の書き方 知っておくべき「御仏前」と「御霊前」との違い

香典袋の書き方 知っておくべき「御仏前」と「御霊前」との違い

お通夜や葬儀などの法要に参加する時に、服装やマナーなどある程度のことは事前知識として頭に入れておかないと心配ですよね。

その中でも、最初の関門と言われているのが香典袋に関するマナーです。

“香典袋”は“香典”を包むために使う袋ですが、選び方や書き方などに自信はありますか?

「毎回、親に聞きながら書いている」
「マナー本を何度も読んでいるのに頭に入ってこない」

こんな声が私の周りではありました。

香典袋の難しさは、お通夜や四十九日法要など法要の種類や故人の宗派によって選び方や“表書き”の書き方が異なるという点です。

こういったものに日頃はあまりなじみがない私たち世代。

身近な人に聞こうにも、よく分かっていない人も多いので困ってしまいますよね。

それに常識がないと思われるのも恥ずかしいですし・・・。

そこで今回は、大人女子としてぜひ知っておいてほしい香典袋の書き方や使い分け方などを解説します。

初歩的なところから、ちょっと難しいところまで一緒に学んでいきましょう。

“香典袋の書き方 知っておくべき「御仏前」と「御霊前」との違い” の続きを読む