マインドフルネス瞑想って何? 呼吸法のやり方と効果 驚きの体験談

マインドフルネス瞑想って何? 呼吸法のやり方と効果 驚きの体験談

テレビや雑誌などで取り上げられることも多いマインドフルネス。

マインドフルネスといえば、GoogleやFacebookのような大手IT企業の研修で行われていることで有名ですが、最近ではその他の業界でも広まっています。

「企業研修で受講してから継続している」という話は周りでも聞きますし、中にはプロになるために資格取得を目指して学んでいる人も!

そういった事例を見ても、一過性のトレンドではなく“ビジネスパーソン向けのもの”であることが伺えます。

そこで今回はマインドフルネスとは何なのか?
呼吸法や瞑想のやり方、効果などを解説いたします。

ストレスフルな現代人にぴったり!?
今こそマインドフルネスを学んでみましょう。

マインドフルネス瞑想って何? 呼吸法のやり方と効果 驚きの体験談

スポンサーリンク

マインドフルネスとは何か?

マインドフルネスとは何か?

マインドフルネスとは、今、この瞬間に意識を集中させる心理的なプロセスのこと。

瞑想や呼吸法などを通して、脳内をクリアにし「無」の境地を目指します。

その目的は脳をクリアにしたり、心を平穏な状態に整えるためであり、マインドフルネスを続けていくことで不安や恐怖心、怒りや負の感情などが生じにくくなります。

もともとマインドフルネスは仏教などの東洋思想が由来ですが、近年ブームになったのは西洋でジョン・カバット・ジンという人物が普及させたことで知られるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

なぜマインドフルネスを研修に取り入れる企業が増えているのか?

なぜマインドフルネスを研修に取り入れる企業が増えているのか?

マインドフルネス研修のメリット

「生産性の向上につながった」という声が多く、各々が持つ力を発揮しやすくなるというメリットがあります。また、ストレスのコントロールや自分を客観視する力がついたことで「人間関係が円滑になった」という声も興味深いですね!

マインドフルネス研修のデメリット

マインドフルネスに興味がない人、体質に合わない人も「断りづらい」というのがデメリットと言えるでしょう。中には自律神経のバランスを崩したり、体調不良に見舞われる人も。やってみて合わないと思ったら、無理をしないようにしてください。

取り入れている企業の社員に聞いてみた(体験談)

仕事の効率がアップした

頭の切り替えが上手く出来るようになって、仕事の効率が上がりました。残業せずに定時で帰れるようになったのは嬉しいです。

人間関係がよくなった

すぐにカッとなって怒りが顔に出ていましたが、マインドフルネスを始めてから心が穏やかになりました。職場の人間関係にも良い影響が出ているなと感じます。

 

スポンサーリンク

 

マインドフルネス瞑想のやり方

マインドフルネス瞑想のやり方

マインドフルネスの呼吸法

マインドフルネスの呼吸法は、吸って・吐くと至ってシンプルです。腹式呼吸でゆっくり時間をかけて行うのがポイント。

① 息を吸い込む
7秒ほどかけて鼻からゆっくりと息を吸い込みましょう。お腹の膨らみを感じるように意識します。

② 息をすべて吐く
吸った息の2倍くらいの時間かけて、吸い込んだ息をすべて吐き出してください。これを5〜10分程度続けてみて。

マインドフルネスの瞑想法

呼吸することにだけ意識を集中させて、他のことは何も考えないように。静かな環境でヒーリング系の音楽を流しながら行うのもおすすめ。

① イスに浅めに腰掛けて背筋を伸ばす
② 足裏全体を床につける
③ 両手を太ももの上に軽く乗せる
④ マインドフルネスの呼吸法

 

気になるマインドフルネスの効果

気になるマインドフルネスの効果

スポンサーリンク

生産性の向上

今この瞬間に意識を集中させるマインドフルネス。物事の優先順位をつけて仕事に取り組めるようになったり、意志・判断力が磨かれるなど、仕事の効率アップにつながります。

ストレス軽減、リラックス

マインドフルネスを行うと脳から快楽物質「エンドルフィン」が分泌され、ストレスの緩和やリラックス効果が期待できます。

ダイエット、免疫力アップ

心を整えるマインドフルネスは、食欲のコントロール効果も。自律神経のバランスや免疫系の働きが整うことで、病気にかかりにくい体に。

人間関係の円滑化

各々がマインドフルネスに取り組むことで、人間関係のトラブルが減り、「穏やかに過ごせるようになった」という人が多いようです。

 

マインドフルネスに向いている人・向かない人

マインドフルネスに向いている人・向かない人

マインドフルネスに向いている人

ストレスを感じている人

ストレスマネジメントにもマインドフルネスは効果的。イライラしがちで他人への評価が厳しくなりがち・・・そんな人はご自身の心を休めることを優先して。そうすれば余裕も生まれて、周囲にも優しくなれるのではないでしょうか?

仕事が忙しい人

毎日遅くまで残業していて、心も体も休まる暇がない・・・そんなあなたもマインドフルネスでつかの間の休息を。

多くの情報に接している人

脳疲労が肉体疲労の原因になっていると言うのをご存知でしょうか?日常的に多くの情報に接している人は、脳疲労を感じやすいためマインドフルネスで脳を意識的に休ませる時間を設けると体もラクになるはずです。

未来への不安がある、過去のトラウマがある

マインドフルネスで意識を集中させるのは、未来でも過去でもなく今だけ!そういったシンプルな思考を身につけることで漠然とした不安感も軽減していきます。

マインドフルネスに向かない人

集中するのが苦手な人

頭の中を空っぽにすることが苦手で、集中力がない人はマインドフルネスの効果を実感するまでに時間がかかるかも。ただし、続けていく中で集中力が高まる可能性もあるため焦らなくても大丈夫。

マインドフルネスを疑っている人

「効果があるはずがない」と懐疑的な気持ちがあると、効果も実感しにくいようです。また、短期間で高い効果を期待している人にも不向きです。

「魔境」が起きる人

マインドフルネスが合わない場合に起きる副作用のような反応を「魔境」と言います。幻聴・幻覚などが起きる場合もあるので、心身に不調を感じたら速やかに中止しましょう。別名「禅病」とも言うそうで、こういった世界に陶酔しやすい人も注意しましょう。

 

今日のまとめ

マインドフルネス瞑想って何? 呼吸法のやり方と効果 驚きの体験談

呼吸法のやり方と効果 驚きの体験談

マインドフルネスというと難しそうなイメージがありますが、簡単に言えば一般人でも手軽にできる「瞑想」のことです。

もともとはヨガと同様、宗教的な側面がありますが・・・

心を整えたり、脳をクリアにする「手段」と考えると、抵抗感もやわらぐのではないでしょうか?

仕事の休憩中やトイレのタイミングなど、時間も場所も問わないのはビジネスパーソン向きと言えるでしょう。

忙しい日々の中、少しでも自分自身を解放させたり、リフレッシュする時間を作ってみてくださいね。

◉ マインドフルネスとは何か?
・今、この瞬間に意識を集中させる心理的なプロセスのこと

◉ なぜマインドフルネスを研修に取り入れる企業が増えているのか?
・マインドフルネス研修のメリット
人間関係が円滑になる
仕事の効率がアップした
・マインドフルネス研修のデメリット
自律神経のバランスを崩したり、体調不良に見舞われる人も

◉ マインドフルネス瞑想のやり方
・マインドフルネスの呼吸法
①息を吸い込む
②息をすべて吐く
・マインドフルネスの瞑想法
①イスに浅めに腰掛けて背筋を伸ばす
②足裏全体を床につける
③両手を太ももの上に軽く乗せる
④マインドフルネスの呼吸法

◉ 気になるマインドフルネスの効果
・ストレス軽減、リラックス
・ダイエット、免疫力アップ
・人間関係の円滑化

◉ マインドフルネスに向いている人・向かない人
マインドフルネスに向いてる人
・ストレスを感じている人
・仕事が忙しい人
・多くの情報に接している人
・未来への不安がある、過去のトラウマがある

マインドフルネスに向かない人
・集中するのが苦手な人
・マインドフルネスを疑っている人
・「魔境」が起きる人

 

関連記事(一部広告含む)

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。

スポンサーリンク