皇居周辺にある神社巡り!御朱印の特徴やオススメの回り方 厳選7社

皇居周辺にある神社巡り!御朱印の特徴やオススメの回り方 厳選7社

パワースポットブームで神社巡りが趣味の女性は増える一方。

そんな中、近頃はインスタグラムで“御朱印ガール”の「#(ハッシュタグ)」が盛り上がっているのをご存知でしょうか?

もしかしたら、地味な趣味と思うかもしれませんが・・・
デザインが可愛いもの、スタイリッシュなものなど女性目線でも魅力的なものが沢山あるんですよ!

「御朱印集め」という名目で、出かける楽しみが増えるのもいいですよね。

そこで今回は“いつでも足を運べる距離”にある「東京千代田区」の皇居周辺にある神社(御朱印を頂ける)のオススメの回り方、見どころなどを紹介します。

当記事を読んで御朱印に興味を持っていただけたら幸いです。

皇居周辺にある神社巡り!御朱印の特徴やオススメの回り方 厳選7社

スポンサーリンク

皇居周辺にある神社を巡る順番・巡り方?

皇居周辺にある神社を巡る順番・巡り方?

【おすすめルート】
①柳森神社 → ②神田明神 → ③東京大神宮 → ④築土(つくど)神社 → ⑤靖国神社 → ⑥平河天満宮 → ⑦日枝神社

上記の順番で巡るのがスムーズ。御朱印を受け取るまでに並ぶ可能性もあるので余裕を持ってスタートしましょう。
柳森神社は他の神社よりも早い時間(朝7時)から開いているので、ここを起点にすると◎
築土(つくど)神社と靖国神社は超近距離です。

 

皇居周辺にある神社の場所(最寄りの駅)と各神社の御朱印の特徴など

柳森神社(千代田区永田町)

柳森神社(千代田区永田町)

「おたぬきさん」の愛称で知られる“たぬき”を祀る秋葉原の神社。「たぬき」=「他に抜きん出る」という意味から、勝負運・出世運を高めたい人に人気!

柳森神社 境内の開運スポット

柳森神社 境内の開運スポット

① たぬきの像
柳森神社では「狛犬」の代わりに「たぬきの像」がお出迎え!ユーモラスなたぬきの像に癒されて。

② 猫神様「クーちゃん」
神社に住み着く猫のクーちゃんも見所。動物にとって居心地がいい神社は、人にもいい神社。写真を待ち受けにしている人もいますよ。

柳森神社 御朱印の特徴/受付時間

柳森神社 御朱印の特徴/受付時間

備え付けの印鑑を押すセルフ形式の御朱印。珍しくてユニークだと話題になっています。

【受付時間】 7〜18時(営業時間内ならいつでも)

柳森神社 アクセス / 最寄りの駅

都営新宿線 「岩本町駅」 A2番出口から徒歩約2分
東京メトロ日比谷線 「秋葉原駅」 5番出口から徒歩約2分
JR秋葉原駅」 A1番出口から徒歩約3分
京浜東北線・総武線 「秋葉原駅」から徒歩5分

↓道のり↓ 東京メトロ日比谷線 「秋葉原駅」の5番出口から出て神田川を渡って右折して道路沿いに少し歩くと鳥居が見えてきます。
柳森神社 アクセス / 最寄りの駅

 

スポンサーリンク

 

神田明神(千代田区外神田)

神田明神(千代田区外神田)

江戸っ子たちに古くから愛されてきた神社。大黒様の愛称で知られる縁結びの神様の「大己貴命(オオナムチノミコト)」や商売繁盛の神様「えびす様」や厄除けの神様を祀っています。
日本三大祭りの一つ「神田祭」が有名。最近は、アニメ『ラブライブ!』の聖地としてアニメファンの心も鷲掴み!

神田明神 境内の開運スポット

① 力石
力石
男性たちが力自慢を競ったと言われている石で、勝負運を高めてくれるご利益あり。

② 大きな大黒様の像
大きな大黒様の像
3トンもの石で作られた大黒様の像はそのスケールに圧巻。商売繁盛を願う人は目に焼き付けておいて。

③ オリジナリティ溢れるお守り
オリジナリティ溢れるお守り
因幡の白兎をモチーフにした短冊入りのうさぎのお守りは、願い事を書いて持ち歩くと願いが叶うと評判。
IT情報安全祈願
IT関係の人たちからは「IT情報安全祈願」のお守りが人気で、情報漏洩やパソコンのトラブルなどを防いでくれるそう。

神田明神 御朱印の特徴/受付時間

見開きで左ページに「神印」、右ページに社殿内部の写真と文字が印刷された紙が貼ってある御朱印。

【受付時間】 9時〜16時

神田明神 アクセス / 最寄りの駅

JR中央線・総武線 「御茶ノ水駅」 聖橋口より徒歩5分
JR京浜東北線・山手線 「秋葉原駅」 電気街口より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 「御茶ノ水駅」 1番口より徒歩5分
東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水駅」 B1出入口より徒歩5分
東京メトロ銀座線 「末広町駅」より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 「秋葉原駅」より徒歩7分
神田明神 アクセス / 最寄りの駅

 

スポンサーリンク

 

東京大神宮(千代田区富士見)

東京大神宮(千代田区富士見)

太陽の女神である天照大神などを祀る神社。神前結婚式の発祥の地でもあり、女性のパワースポットとして有名。縁結びなど恋愛のお願いをするならここ。

東京大神宮 境内の開運スポット

① 草門の扉
草門の扉
ハート型が可愛い草門の扉の「猪の目」を写真に撮って、待ち受けにすると恋愛運アップ。

② お守りコーナー
鈴蘭守り
“幸運が訪れる”という花言葉をモチーフに作られた「鈴蘭守り」が一番人気。恋愛成就のアドバイスも入っているので、これは必ず押さえておきましょう。他にも、種類豊富なお守りコーナーは確認必須。絵馬もおすすめ!

③「怖いくらい当たる!」と評判の恋みくじ
「怖いくらい当たる!」と評判の恋みくじ
女の子の人形がついた「恋みくじ」は、怖いくらい当たるとの口コミ続出!

東京大神宮 御朱印の特徴/受付時間

東京大神宮 御朱印の特徴/受付時間

文字と赤い印鑑のみの堅実な御朱印に好印象。祭典行事の時に授与される限定の御朱印も人気です。

【受付時間】 9時〜17時

東京大神宮 アクセス / 最寄りの駅

JR中央・総武線 「飯田橋駅」西口
東京メトロ有楽町線・南北線「飯田橋駅」B2a出口
東京メトロ東西線/都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」A4/A5出口
◎各線駅より徒歩約5分です。
東京大神宮 アクセス / 最寄りの駅

スポンサーリンク

築土(つくど)神社(千代田区九段北)

築土(つくど)神社(千代田区九段北)

ビルとビルの間に佇む神社。数多くの戦で勝利を収めた平将門を祀っているだけに、勝負運を高めたい時や必勝祈願に訪れると◎

築土神社 境内の開運スポット

① 地元の若者たちが力比べをした石。健康祈願にぴったり。
地元の若者たちが力比べをした石

② 世継稲荷神社
世継稲荷神社
子宝祈願に良いとされる神社で、狛犬と赤い鳥居が目印。

③ 正月にしか手に入らない「勝守」
勝守
青色の勝負事のお守り「勝守」は、毎年正月(1/1〜1/15)の時期の限定販売。初詣に行ったら絶対にゲットして。

築土神社 御朱印の特徴/受付時間

手書きの部分は日付のみですが、馬のイラストが描いてあります。

【受付時間】 9〜17時

築土神社 最寄りの駅

東京メトロ東西線/半蔵門線/都営新宿線 「九段下駅」 1番出口より徒歩1分

靖国神社(千代田区九段北)

靖国神社(千代田区九段北)

戦没者を祀る神社。ニュースでたびたび話題になっていますね。春は桜がきれいで、お盆の時期には「みたままつり」も開催されます。戦没者の慰霊目的で訪れる人が多いですが、合格祈願や病気回復、恋愛運や愛情運を高めたい人にも人気です。

靖国神社 境内の開運スポット

靖国神社をパワースポットと呼んでいいのかは分かりませんが、戦争関連の資料や兵器などの戦争の記録が残されている「遊就館」は心が揺さぶられるスポットだと多くの人が口にします。私も実際に足を踏み入れてみて、広島の原爆ドームに行ったときのような気持ちになりました。

靖国神社 御朱印の特徴/受付時間

普段の時期に頂けるのは「靖国神社」の文字が印象的なシンプルな御朱印。みたままつりの時期には、限定の御朱印あり!

【受付時間】 ※時期により異なる
11〜2月(冬) 8〜17時
3〜10月(それ以外の時期)8〜18時

靖国神社 アクセス / 最寄りの駅

JR中央・総武線各駅停車 「飯田橋駅」 西口より徒歩10分
地下鉄
・東西線/半蔵門線/都営新宿線 「九段下駅」 1番出口より徒歩5分
・有楽町線/南北線/都営新宿線 「市ヶ谷駅」 A4出口より徒歩10分
・東西線/有楽町線/南北線 「飯田橋駅」 A2出口、A5出口より徒歩10分

靖国神社 アクセス / 最寄りの駅

平河天満宮(千代田区平河町)

平河天満宮(千代田区平河町)

学問の神様「菅原道真」を祀る神社。学業成就のほか、恋愛成就などのご利益も。御朱印の可愛さはここがピカイチ!

平河天満宮 境内の開運スポット

① 縁結びの梅
御朱印にも記されている「梅」のイラストは、拝殿に向かって左側にある「縁結びの梅」です。この梅はペアで実がなることから、恋愛成就や縁結びのパワースポットとして知られています。

② 撫牛(なでうし)
体の調子が良くないなと思う部位を撫でると、病気が治ると言われている牛の石像にも触っておきましょう。

平河天満宮 御朱印の特徴/受付時間

通常の御朱印は菅原道真と縁結びの梅のイラスト入り。これだけでも十分可愛いけれど、「毎月1日」「毎月25日」「正月」「梅の開花時期」「十五夜」など季節やイベントなどに合わせて、御朱印のデザインが変わるのが特徴。何度行っても楽しめるのが嬉しいですね!

【受付時間】 9〜17時

平河天満宮 最寄りの駅

「半蔵門駅」から徒歩1分

日枝神社(千代田区永田町)

大山咋神(オオヤマクイノカミ)を祀る神社。神社のモチーフにもなっている「猿」は神様の使いで「まさるさん」って呼ばれています。子宝や安産祈願におすすめのスポットで、七五三のシーズンは激混み!

日枝神社 境内の開運スポット

① 夫婦の神猿像
右側が夫、左側が妻と子供の猿。女性は妻猿を撫でると、運気が上がります。「子宝に恵まれた」という声も。

② 末社(猿田彦神社・山王稲荷神社)
猿田彦神社は進むべき道へと導いてくれる神社で、山王稲荷神社は地主神なのでセットで参拝すると仕事運が一気に加速していきます!

日枝神社 御朱印の特徴/受付時間

日枝神社の御朱印はダイナミックでカラフル。緑の葉っぱは神社の社紋の「二葉葵」です。

【受付時間】 9〜17時

日枝神社 最寄りの駅

「赤坂駅」から徒歩3分

 

なぜ御朱印を集めるのか?

神様との縁をつなぐ“天国へのパスポート”

御朱印はあなたもご存知のように、神社仏閣に参拝したことを示す『証』として授与されるもの。神仏とのご縁をつなぐ意味合いもあります。

近年は御朱印をスタンプラリーのようにコレクション目的で集める人が増えていますが、本来の使い道は他にあります。
その使い道というのが、御朱印を集めていた人が亡くなった時。御朱印帳を棺に入れて、火葬することで御朱印帳に記されている神社の神様が迎えに来てくださるみたいです。つまり、天国へのパスポートのようなもの!

御朱印を頂戴する時のマナー

御朱印帳の準備

「神社と仏閣で分けるべき?」という質問がよくされています。これに関しては分けた方がいいけれど、分けなくてもマナー違反ではありません。また、ご朱印帳は文房具屋やネットショップなどでも買えますし、神社でオリジナルのものを手に入れてもOK。あなたが気に入ったものを選びましょう。

基本的なルール

・御朱印は参拝後にもらう
神社に着いたらまずは「参拝」をして、その後に「御朱印」をもらうのが正しい順番です。

・書き手へ御朱印の書き方を強要しない
「こんな風に書いてください」と強要するのはマナー違反であり、書き手の指名もNG。

・御朱印の初穂料はスマートに払う
御朱印をいただく際に払う「初穂料」は、300円がスタンダード。場所によっては、500円・600円・千円の所もあります。5千円や1万円札での支払いは迷惑になるので、あらかじめ小銭を準備しておくとスマート。

神社の参拝方法

① 神社の鳥居をくぐる前に一礼
② 参道の真ん中は神様が通る場所、端っこを歩いて
③ 手水舎で身を清める
④ 拝殿に向かって賽銭を入れ、鈴を鳴らし参拝をする
→ 二礼二拍手一礼の作法で拝礼し、会釈をしてから退く
⑤ 授与所で初穂料を納めて、御朱印は両手でいただく

御朱印にはどんなご利益があるのか?

御朱印はお守りや絵馬のようなものではないので、そのものにご利益はありません。しかし、こういった場所に日常的に出入りする習慣がある人たちは、道徳心があり、努力家で自分を律したり、人のために行動できる人が多いので、良い縁を引き寄せやすい体質にあると言えます。つまり、御朱印をもらう・もらわないよりも、本人の人柄や神様や仏様に敬意を払う姿勢の方が大事。

 

今日のまとめ

皇居周辺にある神社巡り!御朱印の特徴やオススメの回り方 厳選7社

御朱印の特徴やオススメの回り方 厳選7社

これまではおじいちゃん・おばあちゃん世代が熱心に集めているものというイメージだった御朱印。

ここ数年は若い世代にも人気が出ていますね!

パワースポットや御朱印のブームをきっかけに神社に興味を持ち、参拝を習慣にする人が増えるのはステキなことだと思います。

ただし、御朱印はスタンプラリーではないので「頂戴(ちょうだい)するもの」であることを頭に入れ、品行方正を心がけてくださいね。

事前に神社の歴史やおすすめのスポットも頭に入れておくと、御朱印をいただく時間以外も楽しめるはずです。

◉ 皇居周辺にある神社を巡る順番・巡り方?
①柳森神社 → ②神田明神 → ③東京大神宮 → ④築土(つくど)神社 → ⑤靖国神社 → ⑥平河天満宮 → ⑦日枝神社

◉ 皇居周辺にある神社の場所(最寄りの駅)と各神社の御朱印の特徴など
・柳森神社(千代田区永田町)
「おたぬきさん」の愛称で知られる“たぬき”を祀る秋葉原の神社
・神田明神(千代田区外神田)
江戸っ子たちに古くから愛されてきた神社
・東京大神宮(千代田区富士見)
太陽の女神である天照大神などを祀る神社
・築土(つくど)神社(千代田区九段北)
ビルとビルの間に佇む神社
・靖国神社(千代田区九段北)
戦没者を祀る神社
・平河天満宮(千代田区平河町)
学問の神様「菅原道真」を祀る神社
・日枝神社(千代田区永田町)
大山咋神(オオヤマクイノカミ)を祀る神社

◉ なぜ御朱印を集めるのか?
・神様との縁をつなぐ“天国へのパスポート”

 

関連記事(一部広告含む)

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。

スポンサーリンク