香典袋の書き方 知っておくべき「御仏前」と「御霊前」との違い

香典袋の書き方 知っておくべき「御仏前」と「御霊前」との違い

お通夜や葬儀などの法要に参加する時に、服装やマナーなどある程度のことは事前知識として頭に入れておかないと心配ですよね。

その中でも、最初の関門と言われているのが香典袋に関するマナーです。

“香典袋”は“香典”を包むために使う袋ですが、選び方や書き方などに自信はありますか?

「毎回、親に聞きながら書いている」
「マナー本を何度も読んでいるのに頭に入ってこない」

こんな声が私の周りではありました。

香典袋の難しさは、お通夜や四十九日法要など法要の種類や故人の宗派によって選び方や“表書き”の書き方が異なるという点です。

こういったものに日頃はあまりなじみがない私たち世代。

身近な人に聞こうにも、よく分かっていない人も多いので困ってしまいますよね。

それに常識がないと思われるのも恥ずかしいですし・・・。

そこで今回は、大人女子としてぜひ知っておいてほしい香典袋の書き方や使い分け方などを解説します。

初歩的なところから、ちょっと難しいところまで一緒に学んでいきましょう。

香典袋の書き方 知っておくべき「御仏前」と「御霊前」との違い

香典袋の選び方は?


香典袋の選び方は?
使用する香典袋は宗教・宗派によって異なるので、それに合ったものを選ぶことが大事です。そこで宗教・宗派ごとの選び方をまとめてみました。事前に聞けないし分からないという場合は、「無難に各宗教用のものを選んでおく」というのも一般的です。

各宗教

黒白または双銀の結び切りの水引がついていて、のしがはついていません。宗教問わず使える香典袋なので、宗教・宗派不明の場合はこちらを使うと◎

ランク

高額を包む時は檀紙(高級な和紙)香典袋に入れます。水引は黒白のものより、双銀の方がランク上です。中身が少額(1万円以下)の場合や郵送などの場合は水引が印刷された略式のタイプに入れることも。

仏式専用

ハスの花が印刷されている場合は、仏式専用です。ハスの花は仏の智慧などを表すもので、仏教の花だと覚えておきましょう。

神式専用

黒白・双銀・白い水引のどれでも構いませんが、水引は神式以外は使わないのが特徴です。

キリスト教式専用

ユリの花や十字架などが印刷されている封筒や白封筒を使います。

 

 

香典袋の表書きは何が正解?


香典袋の表書きは何が正解?

宗教・宗派不明の場合

【書き方】
「御霊前」

宗教がわからない場合は「御霊前」を使用するのが一般的。ほとんどの仏教宗派で使用できる表書きです。「通夜」「葬儀」「告別式」などでも使用可。

仏式の場合

【書き方】
「御香典(ごこうでん)」「御香料(ごこうりょう)」「御仏前」

仏式ではお供え物の「香」の字を使うのが正式。上記3つであれば、すべての仏教宗派で使用できます。「通夜」「葬儀」「告別式」「法要」でも使用可。

仏教浄土真宗では「御霊前」は使わない?
正式にはそうです。宗教不明の場合は「御霊前」の表書きを使う人が多いですが、仏教浄土真宗の考えでは、通夜・葬儀・告別式の時に「御霊前」ではなく、「御香典」「御香料」「御仏前」を使うのが正式のマナーです。

神式の場合

【書き方】
「御玉串料(おんたまぐしりょう)」「御榊料(おんさかきりょう)」「御神饌料(ごしんせんりょう)」「御神前料(ごしんせんりょう)」「御霊前(ごれいぜん)」

神式では玉串(たまぐし)や榊(さかき)などが使われるので、「そのためにお使いください」という意味です。「通夜」「葬儀」「法要」などすべて共通で使用できます。

キリスト教や無宗教の場合

【書き方】
「お花料(おはなりょう)」

キリスト教や無宗教など、形式について案内がない場合は、焼香の代わりに献花を行うので「お花料」とする場合も。「通夜」「葬儀」「法要」などすべて共通で使えます。ただし、キリスト教の場合は宗派によって表書きが別にある場合もあるので信者である場合は、所属する教会に何と書けばいいかを確認をしておくとスマートです。

 

 

香典袋の「表書き」「内袋」の書き方


表書き

香典袋の表書きは「薄墨」で書くのが決まりです。これは「悲しい涙で墨の色が薄くなってしまいましたよ」という意味があります。水引の中に「御霊前」などの表書きを書いて、その下にフルネームで名前を書きましょう。

内袋

旧字体で「金〇〇円也」と表に書き、裏側には住所と名前を書いてください。誰からいくらの香典なのかがわかる書き方が良いとされています。

 

 

「香典の金額」の相場


香典の金額の相場は、ご自身の年代や故人との関係や住んでいる地域などにより異なるので「一般的にいくらが正解」というのがないのが難しいところ。

そこで平均を調べるために、全日本冠婚葬祭互助協会の平成28年度の「香典に関するアンケート調査」を元に関係別の目安金額をまとめてみました。

祖父母 10,000円
親 100,000円
兄弟姉妹 30,000円
おじ・おばなど親族 10,000円
職場関係 5,000円
勤務先社員の家族 5,000円
取引先関係 5,000円
友人やその家族 5,000円
近所の人 5,000円

 

ポイント
仕事関係やご近所付き合い、友人関係では5,000円が多いという回答結果に。親族になると10,000〜100,000円など関係性が近いほど、香典を包む金額は多くなります。

職場などで連盟で香典を包む場合は、基準額が決まっていることも多いので、それに従いましょう。

全日本冠婚葬祭互助協会/平成28年度「香典に関するアンケート調査」

 

 

「香典」にまつわるマナーQ&A


「香典」にまつわるマナーQ&A

Q.香典へのお札の入れ方は?

A.新札ではない普通のお札を入れましょう。これは「不幸をあらかじめ予想していた」と捉えられないようにするためです。

お札を入れる向きは諸説ありますが、私が読んだことがあるマナー本には「お札の顔が付いている方は中袋の裏面にくる。顔が見えないように入れる」と書いてありました。

Q.香典を2回渡すのはNGなの?

A.香典は通夜か告別式のいずれかに持参するもので、両方に参列する場合は通夜に持参するのが一般的です。両方渡す必要はありません。

Q.香典袋のままでいいの?

A.これはダメです。香典袋は袱紗(ふくさ)に入れて持参をして、そこから取り出して受付や霊前で袱紗を台のようにして相手に正面を向けて渡すのがマナーです。弔用の袱紗は紺色や紫、グレーなどの暗い色です。

結婚式の時のピンクのような、明るい色の袱紗に入れていかないように注意してください。

 

斎藤一人さんの教え 「供養の話」


お葬式やお墓参りに行く前にぜひ聞いてみてくださいね。

 

今日のまとめ

香典袋の書き方 知っておくべき「御仏前」と「御霊前」との違い

香典袋の書き方 知っておくべき「御仏前」と「御霊前」との違い
家族やお世話になった人など、故人とお別れをする大切な場である葬儀。

こういった場でマナー違反を指摘されることはまずないけれど、正しいマナーを心得た状態で参列することはとても大事です。

しっかりと頭の中に入れておき、忘れてしまいそうになったらこの記事や冠婚葬祭に関するマナー本などを振り返り、定着させていきましょう。

身につけたマナーは一生モノ。
どんな場に行っても恥じずに振る舞える勇気と自信をあなたにもたらしてくれるはずです。

◉ 香典袋の選び方は?
◉ 香典袋の表書きは何が正解?
◉ 香典袋の「表書き」「内袋」の書き方
◉ 「香典」にまつわるマナーQ&A

 

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。