不幸体質だった私を強運体質へ一変させた7つの考え方

不幸体質だった私を強運体質へ一変させた7つの考え方
自分は不幸体質だと思う人はいませんか?

何をしても上手くいかず、空回りする人がいます。しかし、それらは本当に生まれながらの不幸体質なのでしょうか。

今回は不幸体質にありがちなこと、不幸体質を変化させる強運になれる法則を学についてご紹介します。

たったこれだけで?と思うようなことで今の不幸体質を変えられるのです。

不幸体質だった私を強運体質へ一変させた7つの考え方

 

運とはプラシーボ効果のようなものである。


運とはプラシーボ効果のようなものである。
ある意味、運とはプラシーボ効果と同じなのです。自分は不幸体質だから上手くいかないと考えれば、本当にその通りとなり、自分は運がいいからここは乗り切れると信じ込めば、大抵のトラブルは避けられる人がいます。

果たして、これは本当に本来生まれ持った運のせいでしょうか?

逆に不幸体質の人が強運だと思いこめば、不幸体質は改善される可能性もあります。自分に運がないと感じている人はネガティブ思考の人が多く、不幸体質を改善したいのならネガティブに傾いている思考を、少しでもポジティブに考えられるようにしましょう。

 

小さな不幸が続く時は、大きな不幸に注意!


小さな不幸が続く時は、大きな不幸に注意!
味噌や醤油、塩など切れる時は一気になくなる場合がありますよね。不幸についても同じで、小さな不幸が続く時は、大きな不幸に注意しましょう。地震も同じように小さな物が連続した後に、大きなものが来ますよね。

不幸についても同じことが言えまして、そこで思いこむ人がいます。小さな不幸が続いているから、大きな不幸もくるはずだ、と思い込んでしまうのです。結果としてそのネガティブ思考が、自らの不幸を呼びよせてしまうこともあります。

 

どんな不幸も始まりはストレスから!


どんな不幸も始まりはストレスから!
様々なことが起こる現代社会、ストレスフリーで生きていくことはまずありません。この世界に生きていれば、大なり小なり必ずストレスを抱えているのは当然です。

ですが、このストレス、容量いっぱいまで貯めてしまう人はいませんか?適度な所で息抜きをしないと、グラスから溢れる水のように容量オーバーになります。そうなってしまうと心身ともに影響が出てしまい、倒れてしまうなどの不幸に見舞われてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

不幸とは必ずしも突然現れるわけではありません。疲労が積み重なるのと同じように、ストレスが溜まって出てくる不幸もあるのです。ストレスによる不幸は強運があるから大丈夫というわけではありません。しっかしと息抜きをすることが、ストレスによる不幸を避ける一番の方法なのです。

 

周りの環境があなたを不幸にしている場合もある!


周りの環境があなたを不幸にしている場合もある!
夏になると、心霊スポットなどで肝試しを行う人がいますよね。面白半分でそういった場所に行き、何もなく帰って来られると思いますか?心霊スポットに行った後から体調が悪くなった、などの話はよく聞くものであり、娯楽でそういう場所に行くのはオススメしません。
心霊スポットにいったという事実から『何か悪いことが起こるかもしれない』『そういう場所なのだから何か起こるはずだ』という刷り込みのようなものが起こることもあります。

だからこそ、そういった心霊スポットに行くべきではないのです。例え自分は強靭な意思を持っていたとしても、周りの『何か起こるかもしれない』という意思に引きずられる可能性があるからです。

 

 

不幸は自分を変えるチャンス!


不幸は自分を変えるチャンス!
人間は嫌なことがあると、どうしてもふさぎ込んでしまいがちになります。特に予想もしなかった不幸が続くと、人生のすべてが終わったかのような、そんなことさえも考えてしまうのです。

しかし、発想を逆転させましょう。不幸が続いているからこそ、もうこれからはいいことしかないと考えるのです。実際に考えてみてください。人生のどん底に落とされたような出来事に見舞われた時、それ以上の不幸が続きますか?むしろ不幸が続いたからこそ、良いことしか起こらないという考えも出来るはずです。

 

親しかった人と別れた場合は?


親しかった人と別れた場合は?
仲の良い人と付き合いが切れると『どうして』という気持ちが強くなります。しかし、中には自分のためにならない人を不幸と称して切り離すこともあります。付き合いの切れた人が、あなたのためにならないと、神さまが縁を切ったということもあり得るのです。

ですから、目の前で起こったことだけを悲観するのはやめましょう。どうして、そういうことになったのか、何か理由があれば仲を戻すことも可能ですし、特に理由が見当たらない場合は、あなたにとって良くない人だったのかもしれません。

 

体調不良が続く時は注意しよう!


体調不良が続く時は注意しよう!
身体の不調は、時に何かを知らせてくれることがあります。理由もなく手足が痛む時は、怪我をする前兆として言われることもあり、手足に気を付けていたことで大きな怪我を回避できたというパターンもあります。

体調不良は必ずしも病気ばかりではありません。ストレスで胃潰瘍になるのと同じように、理由もなく体調不良が続く時があります。病院に行っても理由が分からない場合は、自分に何かが起こるかもしれないという警戒を怠らないようにしましょう。

 

斎藤一人さんの教え 「不幸は勘違いから始まる」


不幸

不幸な人はね、誰か許せないんです。
誰か許せないか。
自分が許せない。

それで許せない状態で幸せってなれないんだよ。
だからもう許してやんな。

「いえ、許せないんです」

もういいじゃないか、許してあげな。

「でもね、一人さんねあの人私にねこんな事したんです、こんな事言ったんです、だから私許せないんです、あの人の事考えると夜も眠れなくなっちゃうんです、ごはんも食べれなくなっちゃうんです、だから私、許せないんです……」

あっそう、はっきり言うよ。
相手は寝てるよ(笑)
今日のまとめ

不幸体質だった私を強運体質へ一変させた7つの考え方

人間は思い込みの中で生きています。ある意味、強運とは思いこみで呼びよせるようなものです。ですから、不幸体質だと嘆いている人も、たまたま悪いことが続いて自分が不幸体質だと思い込んでいる可能性があります。そういった思考から抜け出すのには苦労するでしょうが、ネガティブ思考から抜け出せた時こそ強運体質に変化する第一歩なのです。
考えてみてください、本当にあなたは不幸しかありませんか?

好きなテレビドラマを見る、日々のちょっとしたご褒美にスイーツを食べる、こういったことを行うだけでも『すべて不幸である』ということから抜け出すことができるのです。不幸体質を作りだしているのは、他ならぬあなた自身という場合もあります。

思いこむことですべてが解決するわけではありませんが、少なくとも暗くて未来を見ることが出来ないネガティブさからは解放されます。自分は不幸体質だけど、絶対に強運体質に変わるんだ!という強い意気込みの元で、今の自分を変えるように努力してみてくださいね。

・ 運とはプラシーボ効果のようなものである。
・ 小さな不幸が続く時は、大きな不幸に注意!
・ どんな不幸も始まりはストレスから!
・ 周りの環境があなたを不幸にしている場合もある!
・ 不幸は自分を変えるチャンス!
・ 親しかった人と別れた場合は?
・ 体調不良が続く時は注意しよう!

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆