斎藤一人 「地球が天国になる話」 劣等感を指摘する -vol08-

2分01秒

劣等感を指摘する

みっちゃん先生という人がいます。みっちゃん先生はイヌとかネコが大好きだからすごくかわいがる。ネコって、すごくかわいいよねって言う。

それは違うよ、みっちゃんがネコをかわいいと思う気持ちを持っている。だからネコをかわいがる。だけれどネコが嫌いな人から見たらゾッとするほど嫌いなんだよね。だからネコの問題じゃないんだよ。

あなたが劣等感を持ったのは親が未熟なの。

斎藤一人 「地球が天国になる話」 劣等感を指摘する -vol08-

 

あなたが劣等感を持つようになったのは親が未熟だったせい?


あなたが劣等感を持つようになったのは親が未熟だったせい?
親が子どもが劣等感を持つ程度にしか育てられなかった。でも、はっきりいうけど、そういうとこ生まれた子も自分が親になったら同じことをする人なの。だから別にあなたは被害者じゃないんだよ、どどっかで誰かが気づけばいい。

それから課長やなんかで、どんどん怒鳴ったり怒ってる、「ああ、嫌だな。俺は何でまた怒られるんだろう」じゃない。

怒っている人に、「この人は相当劣等感がある人なんだ、気の毒な人なんだな」っていう顔で見ててみな。
怒る人やめちゃうの。だってバレてるんだもん。

劣等感を持っている人ってのは、自分が劣等感持ってるっていうことがバレるのが一番嫌なの。だからもっと弱そうな人を探してるの。もっと未熟な人探して怒ってる。

お父さんが帰ってきて、箸の上げ下ろしからなにから、「おまえはね、俺は疲れて帰ってきてるのに、こんなおまえの態度じゃしようがないし、俺は家庭を大事にしているだよ、大事にしているだよ」ってふりをする人に、「あんた、何でそんな劣等感をもっちゃったの」って言ってみな。

一発でなおっちゃう。

 

 

ツイてるあなたに贈る「今日のことば」


人は愛する人のためならガンバレル

人は愛する人のためならガンバレル(byひとり)

人間って、「愛する人」のためならがんばれるんです。

「ハングリー精神が強い」とか「恨みの心は強い」とか、「ねたみの心は強い」とか、いろいろ言いますけど、そんなのはウソです。

世の中で一番強いのは「愛の力」です。

この力さえあれば、どんなときでもがんばれるんです。

愛は世界も救うし、あなたも救います。