「説得」と「操作・洗脳」の違いは何か?

「説得」と「操作・洗脳」の違いは何か?
この問題に取り組んだのがアメリカ屈指の「説得術」のエキスパート デイブ・ラクハニです。彼は9年間にわたるカルト教団での実体験をもとに説得と操作・洗脳の違いを研究してきました。そして、その違いをこう結論づけました。
「操作はいずれ必ず失敗するが、本物の説得は永続的な結果をもたらす」と。
しかし、一方でラクハニは「それ以外に大きな違いはない」とも言います。

 

「説得」と「操作・洗脳」の違いは何か?

 

どうやって説得するの?


つまり、
双方が恩恵を受けられるのであれば操作や洗脳のテクニックは人を説得する際に大きな効果を発揮するのです。

では、どうすれば操作や洗脳のテクニックを実際のビジネスや生活の説得の場面で活用することができるのでしょうか?

↓ ↓ ↓

説得の心理技術
著者: デイブ・ラクハニ

 

 

目次


はじめに

Chapter1 操作

Chapter2 説得

Chapter3 ペルソナ 目に見えない説得者

Chapter4 パワーと信頼性の移行

Chapter5 ストーリーを語る

Chapter6 グルダム

Chapter7 信じたいという欲望

Chapter8 親近感

Chapter9 排他性と入手の可能性

Chapter10 好奇心

Chapter11 関連性

Chapter12 許可を与える

Chapter13 すばやく説得できるツール

Chapter14 説得の方程式

Chapter15 説得力を営業販売に生かす方法

Chapter16 説得力ある宣伝広告を制作する方法

Chapter17 説得力ある交渉術

Chapter18 電子通信技術を利用して説得する方法

Chapter19 説得術の習得