イライラ、モヤモヤ、ムカムカを解消したい!心を穏やかにする方法7つ

イライラ、モヤモヤ、ムカムカを解消したい!心を穏やかにする方法7つ
人は誰しも自分中心に世界が回ってしまいがちな生き物です。自分基準で考えるから、自分の思い通りではなかったり価値観と合っていなかったら、心がモヤモヤして次第にイライラしてきます。また常に時間や仕事に追われているような気がして、落ち着かない状態が続くことでストレスを蓄積していきます。

でもそんな自分の状態をふと客観的に見てみると、意外と無駄や勘違いも多く、余計に神経をすり減らしているということに気付くこともあります。

心が向かう方向は全て自分次第。自分で何とでもコントロールできるものなのです。その方法を貴女はまだ知らないだけです。

今日はそんな貴女に、イライラ、モヤモヤ、ムカムカを解消して心穏やかに過ごすための方法をお話しましょう。

イライラ、モヤモヤ、ムカムカを解消したい!心を穏やかにする方法7つ

その1:

一瞬一瞬を大切にすること


一瞬一瞬を大切にすること
人生の時間は有限です。今貴女は誰かに対してムカつくことがあったり、いつも運が悪いことに辟易しているかも知れません。そんなマイナスの感情で過ごしさえない表情をしている時間は勿体無いと思いませんか?

もしもネガティブな感情が心を支配しそうになったら、気持ちをしっかり切り変えて楽しいことを考える癖をつけましょう。そうすることで貴女がまとう雰囲気も明るく軽やかになり、自然とイライラしていたことも忘れられて、有意義な時間を過ごせるようになります。

 

その2:

絶対に怒らないこと


絶対に怒らないこと
イライラしている女性は、全く魅力を感じられません。イライラするとその怒りが自分自身に対して向かう人と他人に向かう人がいます。前者は自分の不甲斐なさに腹を立て、反省や改心につながるプラスの怒りです。一方後者は、相手を蔑んだり怯ませるマイナスの怒りです。いくら相手に非があったとしても、その怒りの感情は周囲の雰囲気を悪くし、貴女の評判を確実に下げます。

怒ったら負け。何があっても怒ってはいけないのです。怒るエネルギーを他のことに有意義に使おうと思える思考回路を持ちましょう。

イライラ自分の思い通りにならなくてイライラするときの7つの対処法

 

その3:

期待し過ぎないこと


期待し過ぎないこと
イライラする原因のひとつとして、相手に期待し過ぎていたということが挙げられます。「どうしてこんなことが出来ないんだろう?!」とイライラするのは、根底に期待していた気持ちがあるから。貴女と他人は同じ価値観や感性で生きているわけではありませんから、結果の基準や力の注ぎ具合は全然違うのです。貴女が「赤」と言ってイメージした色が真っ赤なポストの色でも、相手は夕やけ空の赤色をイメージしているかも知れません。感性は本当に十人十色なのです。

明らかに相手が悪い場合は別として、それ以外の場面では自分のイライラを人に見せたり八つ当たりするのは、大人として完全にNGです。単なる駄々をこねた子供と一緒です。世の中が全て自分の期待通りになると思うのは大間違いなのです。

相手に期待し過ぎてもいけないし、見返りも求めてはいけません。そして自分と他人との違いを尊重できる心の余裕を持つことが大切です。

 

 

その4:

自分の時間配分を見直すこと


自分の時間配分を見直すこと
きちんと計画を立てているのに、自分が思った通りの時間配分で物事が進まなくてイライラすることもよくありますね。また、特に新年の抱負を立てたり新しい手帳にたくさん予定や目標を綺麗に書いても、結局書いただけで実行できないという人も少なくありません。周りの刻一刻と変わる状況で計画倒れすることもありますし、貴女自身の見通しの甘さも原因になることもあるでしょう。

予定通りに行かずイライラしないためにも、臨機応変さを身に付けたり目標に至るまでの過程をワンパターンに絞らないで、様々なアプローチが出来るようにするのも大切なことです。今までの自分のやり方が単調過ぎなかったか、考え直してみましょう。

 

その5:

過去にこだわらないこと


過去にこだわらないこと
ふと過去にあった嫌なことや大嫌いな人のことを思い出し、イライラしてしまうことはありませんか?折に触れてその嫌な経験を頻繁に思い出してしまうのは、辛くてモヤモヤしますね。

しかし過去は過去。同じ失敗を二度としなければ良いと割り切ってしまえば、その辛い経験もひとつの人生の思い出として、許せる日が必ず来ます。貴女が気にしているほど、周囲の人は全然気にしていません。

失敗を今後どう活かすか、そっちのほうに気持ちのエネルギーを注ぐほうが、有意義です。

癒し自律神経を整えるリラックスの仕方!女性の心と体を癒す3つの方法

 

その6:

自然の中に癒しを求めること


自然の中に癒しを求めること
どうしてもイライラやモヤモヤが拭い去れない時は、自然と共にゆったりと過ごせる時間を作ってみてください。水面がキラキラと光る凪の海や、プラネタリウムのような満天の星を見ることができる田舎町、様々な野鳥が会話をする緑の森や、スケッチブックと水彩絵の具で描きたくなるような雄大な山など、私たちを優しく受け入れてくれる自然がたくさんあります。

マイナスの心に自然のマイナスイオンが掛け合わさってプラスになる、そんな瞬間を感じて元気を取り戻すことができるでしょう。雄大な自然を目の前にすれば、私たちのイライラはなんてちっぽけなんだろう、と感じてしまうはずです。

 

その7:

自分を褒めてあげること


自分を褒めてあげること
真面目で繊細な人ほど、イライラしがちです。上手くいかないことに対してイライラすることは勿論、イライラしている自分自身に対してもまた、イライラしてしまう。負のスパイラルに陥って自分自身を好きになれず、精神を消耗してしまう女性も少なくありません。

イライラするのは貴女だけではありません。どんな女性もイライラして、モヤモヤしながらも、その気持ちを浄化して前へ進んでいるのです。皆そうなのですから、イライラする自分を嫌いになる必要なんてありません。日々一生懸命頑張っている自分の良いところをリストアップし、自分を褒めてあげること、時には自分自身にご褒美をあげることも大切な薬になります。

 

斎藤一人さんの教え 「聴き流すだけでイライラがなくなる不思議な話」


イライラ

イライラしてストレスが溜まり寝付けない時、なんとなくこのお話を
聴き流してみてください。
人は自分が許せないと前に進めなくなる時があります。自分が許せなかったことを許し、こだわりを手放せた時、気持ちがグッと楽になります。

感謝してます。
アメノミナカヌシ様お助けいただきましてありがとうございます。

 

今日のまとめ

イライラ、モヤモヤ、ムカムカを解消したい!心を穏やかにする方法7つ

イライラするのは、貴女が「良くなりたい」と思っている証拠です。良くなりたいと思っていなければ、イライラすることもありません。何も感じずスルーしているはず。このイライラの気持ちをどうプラスの感情に変えていけるかで、貴女の経験値や考え方の習慣が傍から分かります。

貴女の人生で、マイナスの感情に苛まれる時間がより少なくなるよう、まずは今日の7つの方法を実践してみましょう。慣れてきて気付いた頃には、イライラやモヤモヤがだいぶ軽減されていることでしょう。

・ 一瞬一瞬を大切にすること
・ 絶対に怒らないこと
・ 期待し過ぎないこと
・ 自分の時間配分を見直すこと
・ 過去にこだわらないこと
・ 自然の中に癒しを求めること
・ 自分を褒めてあげること

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆