斎藤一人さんの天国言葉を口に出すとなぜ次々と奇跡が起こるのか

・ 天国言葉とはいったいどんな言葉なのか? ・ 天国言葉を言うとどんな効果が期待できるの? ・ 何があっても「天国言葉」と心に誓う ・ 天国言葉の間違った使い方 ・ 天国言葉を使うとなぜ奇跡が起こるのか
斎藤一人さんはいつもこう言ってます。

「愛してます」「ツイてる」「うれしい」「楽しい」「感謝してます」「しあわせ」「ありがとう」「ゆるします」この八つの言葉を言うだけで、あなたは間違いなく、真我からの閃きを受けて、知らないうちに、いい方にいい方に行くの。天国言葉を言うと、ほんとに不安が消えるんです。

もし天国言葉を言ってもあなたの不安が消えないなら、それは『不安症』という病気らしいです。または、せっかく、天国言葉を使っているのに、グチや泣き言など地獄言葉も使って、周りの人達をあなたが不幸にしているせいかもしれません。

誰かに自分の心配をしてほしいという気持ちはわかりますが、グチや泣き言、心配事などの地獄言葉は周りの人達の気分を悪くさせてしまっているのを自覚いしていますか?

斎藤一人さんが言うには、まずは自分自身が地獄言葉を吐かなくならない限り、決して幸せになることはないそうです。だから、あなたはそうとうな覚悟を持って地獄言葉を天国言葉に変えていく必要があるのです。

気軽な気持ちではで着ないのですが、慣れれば、天国言葉を使うことは意外と簡単ですよ。

ところで「天国言葉」を使うとどうして幸せになれるの?というあなたのために、今回は天国言葉を口に出すとなぜ次々と奇跡が起こるのか、についてお伝えします。

斎藤一人さんの天国言葉を口に出すとなぜ次々と奇跡が起こるのか

 

天国言葉とはいったいどんな言葉なのか?


天国言葉

いつも上機嫌(上気元)で天国言葉を実践すれば、幸運の奇跡が訪れるんです。
ちなみに斎藤一人さんは上機嫌のことを上気元と言います。面白いでしょ。

私たちが幸せになるために何より大事なことは、言っても聞いても楽しくなる言葉を使うこと。
この言葉を私たちは天国言葉と言っています。その代表的なものが次の8つの言葉です。

斎藤一人さんの天国言葉

愛してます
ついてる
嬉しい
楽しい
感謝してます
幸せ
ありがとう
許します

これらの言葉を口癖にすると笑顔になり、人相まで良くなって幸せなことをたくさん引き寄せる、と一人さんは言っています。
反対に使ってはいけないのが、言った人も、聞いた人も気持ちが暗くなる地獄言葉です。

 

地獄言葉

恐れている
ついてない
不平不満
グチ、泣きごと
悪口、文句
心配ごと
ゆるせない

こんな言葉を使っていると眉間にシワがより、口角が下がって人相も悪くなります。
当然ですが、こんな顔をしている人のところに、幸せは、やってきません。

もし、あなたが地獄言葉をうっかり口に出してしまったら、
天国言葉セットを3回行って打ち消してしまいましょう。

また、今、斎藤一人さんのオススメの言葉

「天之御中主様(あめのみなかぬしさま)お助けいただきましてありがとうございます。」

この言葉を10回✕10セット唱えると波動が上がり、信じられないような素敵なことが起きます(^_-)-☆

 

天国言葉を言うとどんな効果が期待できるの?


天国言葉を言うとどんな効果が期待できるの?
天国言葉を積極的に使いはじめると、単純に運が良くなるだけでなく、良いことがたくさん起こり始めます。

自分自身の波動レベルもぐーんと上がるので、寄ってくる人も波動の高い人が増えてきます。すると、今まで付き合っていた人たちとはちょっとジャンルの違う人達との付き合いが始まります。

例えば、組織変更に伴う部署異動だったり、自宅の引っ越しだったり、様々な形で自分を取り巻く環境が変わります。

天国言葉の効果

仕事も人間関係も上手くいく
他人の悪口を言わなくなる
どんな出来事もポジティブに捉えられる
潜在意識が浄化される(=過去の汚れが落ちる)
なんといっても素敵な人に出会える

簡単ですよね、口に出して言うだけで良いのですから。

 

まずは振り返ってみましょう。


まずは振り返ってみましょう。
普段いったいどのような言葉を口に出しているか、まずは自分の口癖を振り返ってみましょう。
もしかしたら、次のような地獄言葉を口に出したり、考えを持っていませんか?

あなたが無意識に使っている地獄言葉

・課長がムカつく!などの不平、不満
・仕事できないくせに。などと同僚の悪口を言う
・「どうしてブス女が結婚できるの」などと友人の幸せを妬む。
・他人に対して高圧的な態度を取る
・あの人が気に入らない

グチ、泣き言、文句・・・自分や他人から元気を奪う否定的な言葉を決して言ってはなりません。

そこで、あなたがやるべきことはただ一つ

自分も他人も幸せにする天国言葉を使うことなんです。

 

 

何があっても「天国言葉」と心に誓う


何があっても「天国言葉」と心に誓う
小さな変化を見逃さない人、積極的にいいことを探す人ほど天国言葉を使うとハイスピードで幸せになっていきます。

そういう人の、一番の特徴は、まず、「何があっても天国言葉」と心に決めていること。

それともう1つ、とても大切なこと。

何気ない日常から幸せを見つけようと意識することです。

「空が綺麗だな」

「ご飯がおいしいな」

「このご時世に働く場所があって幸せ」などなど。

天国言葉を言っていると幸せを見つける達人になってきます。そして、積極的にいいことを探そう、という姿勢で生きている人がだす波動は幸せや成功を引き寄せる豊かな波動です。

こういう人には、次々と本当にいいことが起きて運気が上がってきます。

いいことが起きると当然、本当に気分がいい、上気元(上機嫌)になります。

気分は周囲に伝染すると言う性質がありますから、自分が上気元(上機嫌)でいると周りの人にもいい気分が伝染してみんなが上気元(上機嫌)になるんです。その様子を見て、自分はまたハッピーになる。

幸せとは、こういう流れで、幸せな自分を起点にして周りに波及し、どんどん広がっていくものなのだそうです。

 

天国言葉の間違った使い方


天国言葉の間違った使い方
口に出すだけでも相当効果があるのですが・・・ただ残念なことに
「天国言葉を唱えているんですけど、何にも変わらないんです」と言う方がたまにいます。

そういう方は非常に残念ですが、せっかくの天国言葉の効果を打ち消しています。

なぜなら、その方は周りの方たちを残念な気持ちにさせているからなんですね。つまり、口から出たのは天国言葉ではなくて、そうです、なんと「地獄言葉」なんです。

ですから、「天国言葉を唱えているのに何も変わらなくて」と思っている人は、普段自分は周りの人にどんなことを言っているのか、振り返っていただきたいのです。

そして、そこからまた、心機一転、何があっても自分も周りも楽しくなる天国言葉を実践してほしいのです。

相手が喜ぶことを見つけて、いつも周りの人が楽しく嬉しくなることを話すのです。

そして小さな幸せを探すことをやってみてください。小さな幸せ探しをやっているうちに、あなたの幸せ度数がどんどん高まります。

幸せ度数が高ければ高いほど、あなたの波動が上がり、全てがうまくいくようになっていきます。

 

では早速斎藤一人さんのお話を聞いてみましょう。

天国言葉を使うとなぜ奇跡が起こるのか


真我邂逅

人間には幸せになる義務がある、と一人さんはよく言っています。
不幸な人は周りの人たちまで巻き込んで不幸にしてしまうからなんだそうです。

なので、人は幸せになる権利ではなくて、義務があるんだそうです。

さあ、天国言葉を使ってどんどん幸せになっていきましょう!

 

今日のまとめ

斎藤一人さんの天国言葉を口に出すとなぜ次々と奇跡が起こるのか

『自分を愛して、人を愛します。優しさと笑顔を絶やさず、他人の悪口は決していいません。長所を褒めるよう努めます。』

これは一人さんから最初に教わった幸せになる教えです。

なぜ最初に「他人を愛して」ではなく「自分を愛して」なのかというと
人は自分を嫌っていたら決して幸せにはなれないからです。

自分が不幸だと周りの人も不幸にしてしまいますから、まずは自分のことを好きになることが必須なんです。

天国言葉を積極的に使いながら、自分のことを好きになって、周りも幸せにしていきましょう。

もし、自分のことが好きになれない人におすすめの魔法の言葉があります。
それは「自分が大好きです」「自分を許します」と言う言葉です。

1日に10回以上言ってみてください。本当に思っていなくてもいいんです。
言っているうちに、かたくなな心がゆるんできて自分のことが好きになっていきます。

言葉には言霊と言って、言った通りになる不思議なパワーがあるので、ぜひ試してください。

・ 天国言葉とはいったいどんな言葉なのか?
・ 天国言葉を言うとどんな効果が期待できるの?
・ 何があっても「天国言葉」と心に誓う
・ 天国言葉の間違った使い方
・ 天国言葉を使うとなぜ奇跡が起こるのか