幸運体質になってセレンディピティを引き寄せる7つの方法

幸運体質になってセレンディピティを引き寄せる7つの方法
最近、注目を集めている“セレンディピティ”という言葉。ふとした偶然からひらめきを得て、価値を発見するという「幸せをつかみ取るための能力」のことなんだそう。

セレンディピティを得たいなぁと思ったら、自分自身が幸運体質になることが大事。

なぜなら、セレンディピティは訪れるべくして訪れる幸運のことだから。「棚からぼたもち」のように、一時的にやってくる運を受けとるために、ただひたすら待っているだけではダメなんです。

そこで今回は、幸運体質になってセレンディピティを引き寄せるための方法をお伝えします。

現状を変えたいと思っている人必見の内容となっています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

幸運体質になってセレンディピティを引き寄せる7つの方法

セレンディピティの由来や意味とは?


セレンディピティの由来や意味とは?
幸運体質を目指す前に、まずは“セレンディピティ”という言葉について少し勉強してみましょう。セレンディピティという言葉は、普段なかなか耳にしない人も多く「何かの英単語なのかな?」「どこかの国の言葉?」と思った人もいるかもしれませんね。

実はこのセレンディピティ。もともとは存在しない新しくできた言葉で、いわゆる“造語”なんだそう!

ちなみに、セレンディピティという言葉を作ったのは、イギリスの政治家・小説家のホレス・ウォルポールという人物で『セレンディップの3人の王子』という童話からひらめいたそうですね。

物語では、スリランカの王子たちが旅の途中に様々な出来事に遭遇。その偶然の出来事から、何かを発見するというストーリーになっています。

そんなセレンディピティですが、近年では心理学でいうシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)と同じような意味で使われるようになり、潜在意識を操って幸運体質を目指す「引き寄せの法則」など、スピリチュアルな世界観にもマッチすることから注目を集めるようになりました。

 

幸運体質になってセレンディピティを引き寄せる7つの方法

その1.

心も体も健康である


心も体も健康である
幸運体質の人を見ていると、心も体も健康な状態を維持できています。セレンディピティが起こっていても、心と体が健康でないと自分の体調のことや他のことに意識がいきやすく、運を逃してしまうからです。思い当たる節はありませんか?体調が悪いとその日をやり過ごすだけで必死ですもんね・・・。

トレーニングで体を鍛えるのと同じように、心もマインドフルネスや引き寄せのレッスン、ヨガなどで常日頃から整えておくことが大事です。

 

その2.

フットワークが軽く行動範囲が広い


フットワークが軽く行動範囲が広い
セレンディピティは日常生活の中で突然やってくるもの。ただし、職場と家の往復だけなど行動範囲が狭く、出会う人も限られている場合は、出会える幸運の種類・数も限られてしまいます。

幸運体質の人は人付き合いを大切にしており、フットワークも軽い人がほとんど。外に出る回数が多いので、その分様々なことを見聞きするチャンスも増えます。

出会う出来事の数が増えることで気づきも増え、さらに幸運体質になっていくのです。

 

その3.

発想が柔軟で固定観念に囚われていない


発想が柔軟で固定観念に囚われていない
幸運体質の人は「こうしなくてはいけない」「周囲がこうだから」など、固定観念や一般論に囚われていない自由な発想を持つ人が多いようです。

考え方が柔軟で固定化していないので、セミナーや人との会話などからも新たな発見が可能に。受け取った情報から、その時々に応じた自分にとって最適な判断・行動を取れるので、幸運をつかみやすくなるのです。

 

その4.

エゴを捨てる


エゴを捨てる
人のために何かをする時、多くの人は「見返り」を求めて行動しているそう。一方で幸運体質の人は「相手のため・誰かのためになることを進んでやる」というある種の気前の良さを持っています。

自分自身に余裕がない場合、エゴを捨てて人のために尽くすというのはとても難しいことだと思います。だからこそ、気持ちに余裕を持つことが大事。自分にできる範囲のことで構いません。誰かが喜んでくれそうなことを、率先して行うことを意識してみましょう。

 

 

その5.

幸運は独り占めしない


幸運は独り占めしない
幸運体質の人は、ラッキーなことがあったら必ず周囲にお裾分けをしています。

運というのは巡り巡ってくるもので、幸運は連鎖するもの。独り占めしている人のところに、運は長く留まらないという性質を持っています。

周りにも運を分けてあげられる。そんな余裕を持っている人は、ますます幸運体質になれます。

 

その6.

幸運を信じて深刻にならない


幸運を信じて深刻にならない
物事がうまくいかないと「ああ、もうダメだ・・・」とか「あの人ばかりいい思いをしてムカつくな」など、マイナスの意識や妬みの感情が生まれることもあるでしょう。

こういった感情を長く引きずっていると「自分は幸運になれない人間なんだ」という負の潜在意識が働き、運がどんどん逃げていくのです。

どんな人も、意識次第で必ず幸運を引き寄せることができます。しかし、それに気づいていない人が多いのです。

幸運体質の人はそのことを知っているので、幸運になれることを信じて疑いません。そのためには「自分は運が良くて、素敵な人間なんだ」という自己肯定感を高く保つ必要がありますね。

自信がなくなりそうになったら「私はツイてる」「運が良くてラッキーだなぁ」など、繰り返し言葉に出すと◎

 

その7.

これだと思ったら最後まで諦めない


これだと思ったら最後まで諦めない
「仕事で成功した」「ノーベル賞を取った」「宝くじが当たった」など幸運体質の人を見ていると、自分がこれだ!と思ったことを最後まで諦めずに継続しているという共通点があります。

「何でもいいからとにかく1つのことを続けましょう」という意味ではなく、幸運体質になるためには、自分にとって意味のあることを続けることが大事。

運を引き寄せるにはある程度の期間は必要ですから、忍耐強くあることも意識してみましょう。

 

斎藤一人さんの教え 「幸運体質~生きてるだけでありがたい」


幸運体質

 

今日のまとめ

幸運体質になってセレンディピティを引き寄せる7つの方法

セレンディピティを引き寄せる7つの方法
セレンディピティは、待っているだけでは現れません。自分自身の考え方や日々の行動が幸運体質を引き寄せる鍵となっています。

「チャンスは自分でつかみ取るもの」という言葉もあるように、自ら考えて積極的に動くことが大事。

幸運体質になるとセレンディピティも鍛えられるので、自分にとって必要なメッセージに気づくことが可能に。その結果、チャンスをますますつかみやすくなるのです。

ぜひ今日から幸運体質になるための、7つのレッスンを始めてみましょう。

・ セレンディピティの由来や意味とは?
・ 幸運体質になってセレンディピティを引き寄せる7つの方法
・ 心も体も健康である
・ フットワークが軽く行動範囲が広い
・ 発想が柔軟で固定観念に囚われていない
・ エゴを捨てる
・ 幸運は独り占めしない
・ 幸運を信じて深刻にならない
・ これだと思ったら最後まで諦めない

 

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。