もっと自分を許します。言葉がもたらす7つのスピリチュアル効果

もっと自分を許します。言葉がもたらす7つのスピリチュアル効果


もっと自分を許します。言葉がもたらす7つのスピリチュアル効果
「もっと自分を許します」というのは斎藤一人さんの有名な教えの1つです。

1日に何度も「自分を許します」と口にすることで、神さまに言葉が届き、自身の問題や人間関係の悩みが解決するもの。

そう聞くと「スピリチュアルな世界だなぁ・・・踏み込んだらヤバいかも」などと思う人もいるかもしれませんね。

しかし、日本では古来より「言葉には魂が宿っている」という考えがあり、言霊(ことだま)を大事にしてきた歴史がありますよね。

ですから、そう肩肘を張らずに「もっと自分を許します」という言葉をカジュアルに口にしてみるといいと考えています。

そうすることで、嫌だなとか無意識に我慢してきたことの制約が外れて、気持ちがとっても楽になりますよ。「自分を許します」って案外難しいことですもんね。

そこで今回は「もっと自分を許します」以外にも、1日に何度も口に出すべき言葉を7つ厳選しました。

これらの言葉がもたらすメリットについてもお伝えしていくので、ぜひ実践してみてくださいね。

もっと自分を許します。言葉がもたらす7つのスピリチュアル効果

自分をもっと許しますという言葉が良い理由とは?


自分をもっと許しますという言葉が良い理由とは?
斎藤一人さんの考えでは「自分をもっと許します」は、負のエネルギーを解放する言葉なんだそう。

負のエネルギーとはコップに溜まる水のようなもの。じわじわと増えていき、溢れた時にドカンと出てきてしまうから始末に負えなくなる。

負のエネルギーは自分や人を攻撃する形で現れるので、そうなる前に自分自身に解放の言葉をかけてあげることが大事!

そうすると、自分の中に溜まっている負の感情やしばりを少しずつ溶けていくみたいです。

だから、その感情やしばりが溶けるまで、何度も何度も口にしていくことが大事なんですね。

そうすることで、負の状況から脱出する方法が見つかるので、まずは

「自分をもっと許します」

という言葉を繰り返すことから始めると良いでしょう。

 

言葉がもたらす7つのスピリチュアル効果


言葉がもたらす7つのスピリチュアル効果
ここで紹介する言葉は「もっと自分を許します」を提唱した斎藤一人さんの天国言葉です。“口にすればするほど幸せになれる”と絶賛する人も後を絶ちません。

反対に、よくない言葉(地獄言葉)を使っているとマイナスの運気を引き寄せてしまうので、口にしていて心地よい言葉を何度も唱えることが大事なのです。

目安としては10回×10セット。1日に100回唱えると◎

 

その1.

愛してます


愛してます
「人間にはもともと愛が備わっていて、愛から出る波動は非常に強いものだ」と斎藤一人さんは述べています。ところが、自分自身が満たされていないと恨み・妬みなどの負の感情を引き起こし、愛はエゴへと変わってしまいます。夫婦の問題や恋人の間で度々悲劇が起こるのは、こういった感情の歪みが原因となっているのではないかと私は考えました。

「もっと愛されたい」とパートナーとの関係に悩んでいた女性たちは「愛してます」という言葉を口にするようになってから、自分のことも大切にできるようになり、相手との関係にも変化があったそう。

尽くしても尽くしても、何だか相手に届いていないかも・・・と思ったら、この愛の言葉がおすすめです。

 

その2.

ついてる


ついてる
運を呼び込みたい人におすすめの言葉が「ついてる」です。

学生の時に、斎藤一人さんの著書に出会った友人が、度々この言葉を口にしていたのが印象に残っていますが、彼女の周りにはいつも明るい気(オーラ)のようなものが漂っていて、今もとても幸せな生活を送っています。自分だけでなく私にも「大丈夫だよ!ツイてる、ツイてる♪」と声をかけてくれていたのですが、その言葉を聞くと本当に気持ちが前向きになったのを覚えています。

「ついてる」

をお守りの言葉として、本当にいい運気を引き寄せてくださいね。

 

その3.

うれしい


うれしい
「うれしい」という言葉は、自分も相手も幸せにする言葉ですね。独り言にしてしまうのはもったいないので、ぜひ目の前にいる相手に向かって「うれしい」と言ってあげましょう。

周りを見ていても「うれしい」という言葉を頻繁に使っている女性には、いつ会っても、うれしいことが舞い込んでいるなという印象です。

ちなみに、上司などからマイナスな言葉をかけられても「自分自身が不甲斐ないです。ただ、そこまで考えていただけているのは、本当にうれしいです。いつもありがとうございます」と感謝するようになってから、関係が良好になったことがあるので、いい時だけでなく悪い時も使ってみてくださいね。

 

その4.

楽しい


楽しい
「つまらない」「楽しいことないかなぁ」「マンネリ」が口癖の人は、その言葉を発するたびに楽しいことから遠のいてしまっています。あなたといて、一緒に楽しもうと思っている相手にも失礼なことですから、今すぐ改善していきましょう。

「楽しい!ひゃっふー!」

「わーい、楽しい!楽しい」

と子供のようにハシャぐ私の友人は年齢・性別問わず誰からも愛され、彼女の周りにはいつも人が沢山!仕事もプライベートも大充実しています。

ちなみに今度結婚するのですが「彼女といると楽しい」というのがプロポーズの一番の決め手になった、と彼が話していました。

もっと人生を謳歌したい人、それから人脈を広げたい人にもおすすめの言葉です。

 

 

その5.

感謝してます


感謝してます
日々の生活に感謝をすることは大事です。神様にも感謝の気持ちは届くので、良いことが起こるというのはよく聞く話。

しかし、この言葉のすごさは他にもあるんです。例えば、人から嫌がらせをされた時にピタリと止める効果もあるんだとか。

「感謝してます」

と相手に伝えると、人の脳は切り替わるそうで、敵から味方という認識に変わるとのこと。そう聞いたので、転職して新しい職場で嫌がらせを受けていた友人に実践してもらいました。すると「あなたはもう仲間!今までごめんね」と言ってもらえたそうですよ。人間関係に悩む人必見ですね。

 

その6.

しあわせ


しあわせ
「幸せですか?」と聞かれても、即答できる人って少ないと思うんです。でも、どんな瞬間でも「しあわせ」と言っている人は、言葉の力で本当に幸せになれます。

身近な例では、幼少期に両親が離婚して父子家庭で育った友人の話です。父親の暴力に怯えていた過去もあります。しかし、彼女にとって「健康であること」「仕事があること」「友達・恋人がいること」「家族が元気でいてくれること」など、私たちから見れば当たり前と思うようなことも、幸せだと感じられる素敵な女性です。

いつも「しあわせ」と口にしている彼女の周りには、彼女のことを慕う後輩、可愛がってくれる年上の友達、沢山の仲間。「過去には色々あったけど、人に助けられてここまでやってこれた」と言っていました。

 

その7.

ありがとう


ありがとう
斎藤一人さんが「影響を受けた」という小林正観さん。彼の著書『ありがとうの神様』で提唱されていたのは「ありがとうを5万回唱えると奇跡が起きる」というものでした。

「ありがとう」は感謝の言葉ですから、ポジティブの言葉を発することで人間関係にも良い影響が期待できます。母は父に事あるごとに「ありがとう」と言っていました。新婚当初は、出世など考えられないようなサエない男性だったそうですが(失礼)、今は組織のトップに立っていて高給取りに。

このように、言葉には人生までも変える力があるのだと悟りました。

 

斎藤一人さんの教え「はじめに言葉ありき『天国言葉と道理』」


天国言葉

怒っている時に吐き出される息の中には毒が含まれている!?ホント?

 

今日のまとめ

もっと自分を許します。言葉がもたらす7つのスピリチュアル効果

言葉がもたらす7つのスピリチュアル効果
「もっと自分を許します」という言葉や、今回ご紹介した言葉を毎日の生活の中に取り入れることで、生活が充実したという女性が沢山います。

自分自身を追い詰めているのも、他の人を攻撃してしまうのも、エネルギーが滞っていることが原因なんですね。

言葉の力を借りて、負の感情を日々の生活の中でデトックスして、身も心も軽やかな素敵な女性でありたいものですね。

・ 自分をもっと許しますという言葉が良い理由とは?
・ 言葉がもたらす7つのスピリチュアル効果
1. 愛してます
2. ついてる
3. うれしい
4. 楽しい
5. 感謝してます
6. しあわせ
7. ありがとう

 

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。