人間関係に疲れて「うつ」になった女性が見事に社会復帰した方法

人間関係に疲れて「うつ」になった女性が見事に社会復帰した方法
職場の人間関係に疲れてしまい、朝目覚めると仕事に行きたくなくて精神的に起きることが辛く、会社に行くことを考えるだけでも憂鬱になっていませんか?その症状はもしかすると「うつ」の可能性があります。

このような精神状態で、日々の仕事をこなすのは本当に辛いことだと思います。そして、うつを引き起こしている原因の人間関係というのは自分一人で解決することはなかなか困難である上に、さらに悪化させてしまう可能性もあります。

そこで今回は、人間関係に疲れて「うつ」になった女性が見事に社会復帰した方法について詳しくご紹介していきます。

人間関係に疲れて「うつ」になった女性が見事に社会復帰した方法

 

職場の人間関係が原因で「うつ」になるとどのような症状があらわれるのか?


職場の人間関係が原因で「うつ」になるとどのような症状があらわれるのか?
「人間関係に疲れてうつになった女性が見事に社会復帰した方法」のご紹介の前に、人間関係に疲れて「うつ」になるとどのような症状が現れるのか見てみましょう。

毎日の仕事をこなしていくだけでもストレスを感じることがあるのに職場の人間関係が最悪で、段々と仕事の疲れより人間関係の疲れの方が深刻な悩みとして毎日を過ごしているとストレスが溜まり「うつ」の症状が出始めます。

 

その症状とは?


精神的な症状

その症状とは?
憂鬱感:特に朝の目覚めのときに強く憂鬱感を感じる
悲しい感情:突然涙が出たり悲しくなったりする
気分の向上がない:何をしても楽しく思えない
集中力低下:集中力がないため仕事がはかどらない
注意力散漫:注意力が散漫なため仕事でミスが多くなる
決断力が弱い:考えることができなくなるので決断力が弱まる
意欲力低下:趣味だったこともやる気が起きなくなる

 

身体的な症状

身体的な症状
睡眠障害:眠りが浅く何度も起きる、寝つきが悪く寝たのかよくわからない、一日中眠ってしまう
食欲不振:食べたくない、食べても何も感じない
体重減少:どんどん痩せていく
倦怠感:疲れがとれない、身体が常にだるい
血行不良:頭痛・肩こり・めまい
胃腸障害:便秘や下痢が続く

発汗・月経異常・動悸・息苦しいなどの身体的症状もあります。

 

このように、うつには様々な症状があり発症してしまうと辛いことはもちろんですが、なかなか完治するのは難しいのも現実です。そして、症状が深刻になればなるほど日常的な生活を送ることも困難になる場合がありますので、うつの症状を自覚したら早期に克服するべく対策を行うことが大切です。

それでは、人間関係に疲れて「うつ」になった女性が見事に社会復帰した方法についてご紹介していきます。

 

女性が「うつ」になった経緯とその後


女性が「うつ」になった経緯とその後
この女性の特徴は、生真面目で何事にも真剣に取り組む性格で、特に仕事に関しては妥協がなかなかできない性格の持ち主でした。そして、小さい頃から友達や周りの人に言われたことが気になる性格でもあり、自分が陰で何を言われているのか気にしすぎるあまり多くの友達を作ることができませんでした。

その女性が社会人となり務めた会社は、女の人の社員が多く在籍する会社でした。
女性は、生真面目な性格なので仕事熱心でバリバリと働く日々を送っていたのですが、女のいじめの特徴である嫉妬心やねたみからくる同僚や上司などからのいじめが始まりました。

そのことに気づいた女性は、職場の人間関係を修復しようと努力をしましたが、いじめを行っている集団には女性の思いは届かずにやがて「うつ」の症状が出始めました。
仕事の日、朝起きるのが辛くて仕事に行かなければと思えば思うほど倦怠感や頭痛・吐き気などの症状に襲われ遅刻や欠勤の回数が増えていきました。

女性は、生真面目な性格が邪魔をしているのもあり、遅刻や欠勤など仕事に真剣に取り組めない自分を責め始めて、やがて人間関係にも疲れ果ててしまいます。
このような状況にもかかわらず、女性は心配を掛けたくないという思いから家族はもちろん数少ない友達にも相談ができずにいました。

そして、この状態から抜け出すために女性が選んだ選択は退職することでした。
そこから女性の「うつ」との闘いが始まり、やがて克服しもう一度社会復帰を果たすことに成功します。
女性は、産業医や精神科などに一切頼らずに独自の方法で「うつ」を克服しています。

では、女性がどのようにして見事に社会復帰をしたのか方法をご紹介します。

 

 

女性が「うつ」を克服し社会復帰した方法


女性が「うつ」を克服し社会復帰した方法
女性が、会社を退職し社会復帰ができるようになるまでに実に約2年もの年月が必要でした。その約2年間に女性が「うつ」と闘い克服した方法とはどんな方法だったのでしょうか。

 

克服方法1:

退職し職場の人間関係はもちろん友達関係も断つ


退職し職場の人間関係はもちろん友達関係も断つ
会社を退職し「うつ」の原因である職場の人間関係から離れることで、悩まされることがなくなり段々と平常心を保てるようになってきた。しかし、人間関係に心底疲れ果てて「うつ」になってしまった場合、いわゆる対人恐怖症など人を信用することができなくなってしまっている状態なので友達関係も付き合いができなくなり、疎遠することを決意しました。

こうして、家族以外の「うつ」の原因になるすべての人間関係を断つことで、回復に向かっていきました

 

克服方法2:

ひたすら自宅に引きこもり読書に没頭する日々


ひたすら自宅に引きこもり読書に没頭する日々
家族以外の外部との接触を断ってから数日すると段々平常心が戻り、女性はこのまま一生引きこもりの人生を送るのかと想像をしたときに、女性にまた社会復帰をしてバリバリと働きたいという思いが芽生えてきました。

しかし、まだ人と接するのが怖いので今度は強い心を持つ訓練方法を探し始めました。そのタイミングで出会ったのが、自己啓発の本や人生に成功する本などをひたすら読みふける毎日を送っていきました。この、様々な本のお陰で病んでいた心が癒され人生を前向きに歩む強い心が出来上がりました。

 

女性は見事に社会復帰を果たし幸せな人生を歩んでいる


女性は見事に社会復帰を果たし幸せな人生を歩んでいる
職場の人間関係に疲れ果て「うつ」になり、やがて職場に通勤ができなくなるくらい精神的に追い込まれ退職をし、約2年間に渡り「うつ」と闘いながら独自の方法で克服し、今では、新しい会社で多少のストレスを感じながらも楽しく仕事をこなす日々を送っています。

 

斎藤一人さんの教え 「ウツとストレスを克服する圧と栄養『鬱を治す』」


偏った食事は止めましょう。何事もバランスが大事です。

 

今日のまとめ

人間関係に疲れて「うつ」になった女性が見事に社会復帰した方法

いかがでしたでしょうか?「うつ」になると本当に辛い毎日しか送ることができません。しかし、女性のように克服することで再び楽しい毎日を送ることができます。

女性が克服した方法はたったの二つ
・退職し職場の人間関係はもちろん友達関係も断つ
・ひたすら自宅に引きこもり読書に没頭する日々

この方法をすることで、誰でも「うつ」を克服し社会復帰できるとは断言できませんが、もし職場の人間関係が原因で「うつ」を発症してしまった場合、辛いことを我慢することなくご紹介した方法を試してみてほしいと思います。そして、諦めなければ必ず光が差すことを忘れずにいて下さいね。

・ 職場の人間関係が原因で「うつ」になるとどのような症状があらわれるのか?
・ その症状とは?
・ 女性が「うつ」になった経由とその後
・ 克服方法1:退職し職場の人間関係はもちろん友達関係も断つ
・ 克服方法2:ひたすら自宅に引きこもり読書に没頭する日々
・ 女性は見事に社会復帰を果たし幸せな人生を歩んでいる

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆