どん底から這い上がるためにアラサー独女が毎日やっていた5つのこと

どん底から這い上がるためにアラサー独女が毎日やっていた5つのこと
今のあなたは、人生のどん底だと思いながら辛い毎日を送っていませんか?

友達や同僚は、結婚して幸せな生活を送っていたり仕事をバリバリこなして毎日が充実しているのに、なぜ私だけどん底の不幸なのか?

仕事も私生活も、すべてが上手くいかなくて精神的にも苦痛でマイナス思考になっているときは、何をしてもダメで悪循環になっていくばかり。どこかで気がついて、這い上がらないとずっとダメ女のままになってしまいます。

そこで今回は、どん底から這い上がるためにアラサー独女が毎日やっていた5つのことをお伝えしていきます。

ダメ女のままで終わらせないために、お伝えする5つの方法を毎日行うことでどん底から這い上り、幸せで成功した人生が待っています!

どん底から這い上がるためにアラサー独女が毎日やっていた5つのこと

這い上がる方法その1:

マイナス思考をプラス思考に変える努力をする


マイナス思考をプラス思考に変える努力をする
人生のどん底だと思える日々を送っていると、いつも暗い顔をしていたりどうしても考え方がマイナス思考になり、なかなか物事をプラスに捉えることがでない心理状態になっていると思います。

このように、どんよりとした暗い顔やマイナス思考のままでいると運気もますます下がっていきどん底から抜け出すのは難しい。しかし、どん底から這い上がりたくてもがいているのも事実だと思います。

そこで、何をやってもダメだったどん底人生を味わったアラサー独女が這い上がるために毎日やっていたことの一つが「マイナス思考をプラス思考に変える努力をする」です。

例えば、今日も仕事のことで上司に叱られたとしましょう。マイナス思考でいると、叱られたことに対して「私は仕事もしっかりできなくてダメな人間なんだ」と考えてしまいます。

その考えをプラス思考に変えると、「上司は私のために助言してくれたんだ!何も言ってくれない上司だったら私は仕事も上達できないままだった。助言してくれた上司に感謝!」という感じに物事をプラス思考で捉えると、だんだん気分も良くなっていき運気も上昇していきます。

この、プラス思考に変えるという考えは意識していないとすぐにマイナス思考になっているので、毎日プラス思考で過ごす努力が必要ですのでいつも頭の隅に置いておきましょう。

 

這い上がる方法その2:

様々な本を毎日読む


様々な本を毎日読む
どん底で何をやっても上手くいかない状態が続いていると、何もしたくない感情に陥りがちです。ですが、何もしないとどん底から這い上がることはできないし、ますますダメ女まっしぐらの人生になってしまいます。

どん底にいるときは、家族や友達との会話ですらまともに聞いたり話したりすることが難しくなっているときがあります。

そこで、アラサー独女が這い上がるためにやっていた2つ目が「様々な本を毎日読む」ことです。本の題名や目次を読み、今の自分に必要なことが書かれていると感じたら迷わず購入して読書に没頭してみましょう。

本の種類は何でも構いません。漫画でも自分のためになると感じたなら読み漁って下さい。不思議なことに、本には人生を変えてくれる力があります。成功者の自伝書や自己啓発系の本などは特にどん底から這い上がるためのヒントがたくさん書かれていまのでおすすめです。毎日、時間を見つけては自分のためになる本を読む習慣をつけましょう。

 

這い上がる方法その3:

睡眠の質を高める


睡眠の質を高める
毎日が憂鬱でストレスが溜まっていくと、上手く寝ることができず身体の疲れも取れないまま辛い毎日を過ごしていると、病気の引き金になってしまう可能性があります。それほど睡眠というのは人間の身体にとって大切なことなのです。

睡眠不足でいると、思考能力が落ちたりやる気や元気を奪っていきます。どん底の不幸な状態でいるときは、睡眠障害に悩まされことが多いです。

そこで、アラサー独女が這い上がるためにやっていた3つ目が「睡眠の質を高める」ことでした。睡眠の質を上げることで、ストレス軽減や疲労回復・うつ状態の軽減など改善効果が期待でき、心身共に軽い状態で気分良く一日を過ごすことができます。

睡眠の質を上げる方法は様々ありますが、おすすめは入浴で体を温めてから布団に入り、眠りに落ちるまで幸せに過ごしている自分やなりたい自分・どん底から這い上がって成功している自分などをリアルに想像しながら就寝することです。

目を閉じると嫌な出来事などがすぐに浮かんできてしまいますが、そのまま嫌な出来事を考えているとどんどん眠れなくなっていくので、寝る前は一切マイナスなことを考えないのがポイントです。

毎日寝る前に想像したことは、現実になりやすいということが言われていますので這い上がるために是非実行してみて下さい。

 

 

這い上がる方法その4:

生活習慣を正す


生活習慣を正す
感情が乱れていたりすると、同じく食生活や生活のリズムが乱れ健康的によくありません。生活習慣の乱れは、どん底の不幸にいる時期は陥りやすい生活状況になります。

そこで、アラサー独女が這い上がるために毎日やっていたこと4つ目は「生活習慣を正す」ことです。乱れていた生活習慣を毎日意識して正すことで、心の乱れも次第に取れていきイキイキとした毎日が送れるようになります。

生活習慣が乱れていると感じたら、正すことを意識して過ごしてみましょう。

 

這い上がる方法その5:

毎日がワクワクするような趣味を見つける


毎日がワクワクするような趣味を見つける
どん底の不幸に陥っているときというのは、大抵がどん底の人生について考えることばかりの時間を過ごしている状態だと思います。

そこで、アラサー独女が這い上がるためにやっていたこと5つ目「毎日がワクワクするような趣味を見つける」ことでした。

趣味というのは簡単に見つけることができないかもしれませんが、今まで過ごしてきた自分の人生を幼少期から振り返ってみて、何に興味があってハマっていたことがなかったかを探してみると意外と見つかったりします。また、いろいろな情報を得てみるとその中で楽しそうだなやってみたいなと思えることに出会えたりします。

ワクワクするような趣味を見つけることで、どんどん人生の運気も上昇していき楽しいと思える毎日に変化するので、是非趣味を見つけてみて下さい。

 

斎藤一人さんの教え 「どん底から這い上がる7つの方法」


どん底

人徳がある人になりましょう。徳とは、心が軽くなること、明るくなること・・・相手を気持よくさせるような人間になると人徳がある人になれます。

 

今日のまとめ

どん底から這い上がるためにアラサー独女が毎日やっていた5つのこと

ご紹介した5つの方法で、ダメ女だったアラサー独女がどん底から見事に這い上がり楽しい人生を謳歌しています。

どん底の不幸な毎日を過ごしていても何もいいことがありません。一日でも早くどん底から這い上がり幸せで成功していると思える人生を送りましょう!

・ マイナス思考をプラス思考に変える努力をする
・ 様々な本を毎日読む
・ 睡眠の質を高める
・ 生活習慣を正す
・ 毎日がワクワクするような趣味を見つける

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆